脱公害の街、西淀川??



 西淀川区は国道2号線.43号線、阪神高速道路が3本通っており
空気汚染では、全国に名をはせた地です。おっと、お隣の尼崎市も同様ですが。
最近、自然が少しずつ回復してきているようで、うれしい限りです。
休みを利用して歩いてきました。我が家から歩き出すと、さすがに遠い。
1日12〜13kmは歩くことになりました。
それでも、あの公害の町西淀川の変貌を目の当たりにして、疲れは
吹っ飛びました。写真はケータイで撮ったものですので小さくて画質が
悪いかもしれません。それでも、きれいですよ。

    ○大野川緑陰道路

かつてのドブ川が、今では…  私が昭和49年に大阪へ来て、働き出した頃は、
大野川は埋め立て工事の真っ最中でした。それが、今では
自然たっぷりの緑陰道路になりました。
散歩には、最高


   ○福の港

まったくの別世界  神崎川の堤防をえぐったような港。都会では珍しいところです。
漁師さんの小屋や船がひっそりと鎮座し、別世界です。
上を阪神高速神戸線が通っています。
今でも、漁に出る人がいます。

漁は、何をとってるのだろうか?

   ○矢倉公園

大阪湾は、すぐそこ  大野川緑陰道路から淀川堤防を経て、矢倉緑地へ。
淀川と神崎川河口にはさまれた矢倉緑地は、
平成9年(97年)から3年かけて造成された
都市公園です。西淀川の西南端にあたります。
少しの砂浜もあります 市内では珍しくコンクリート護岸のない海水面。
ただし、砂浜部分はかなり狭い。水に触れ合うことができる
潮だまりがある。通水管を通ってきた小魚が泳いでおり、
カニ・フジツボ・フナムシなども見られる。
大阪も、すてたもんじゃない 周辺は、渡り鳥の滞留地になっているので、
公園内に設けられた野鳥観察所から、カルガモや
ユリカモメなどが観察できます。

また、矢倉緑地から眺める夕景は、阪神高速道路
湾岸線のシルエットを浮かび上がらせ絶景だそうです。
             (西淀川区役所HPより)

     ○西淀川東南端、中島付近

工場地帯と隣接しています  神崎川の下流で海抜0m地帯です。
海に突き出た部は工業地帯。堤防周辺は絶好の散歩コースとなっています。
意外と緑があることに、今更ながら驚かされます。

空気は、けっしてきれいとは…
湾岸線は、はるかかなた
青空もかなり、キレイ



○西淀川区への交通案内、および散歩コース
 西淀川区へは、JR東海道線塚本駅.東西線御幣島駅、
阪神電車本線姫島駅.千船駅、西大阪線福駅.出来島駅からが便利。
その他、阪神バス.大阪市営バスなどの便があります。
西淀川の地図

ご感想はメールにてメールはここをクリック


   ☆ 次のページへ

   ☆ 前のページへ

 ☆ そぞろ歩きへ、もどる