拝啓、広島カープファン様


 拝啓、広島カープファン様

 プロ野球ファン、とりわけタイガースファンの私は、
このところの、プロ野球の動向に眉をひそめる日々が続いています。
いや、以前から思っていましたが諸悪の根源○人を筆頭に、やりたい
ほうだいですね。

特に広島カープには、申し訳ないの一言です。同情やあわれみから
言っているのではありません。決して誤解なきよう〜。
新井が阪神へやってくるのです。誠にもって複雑な心境。
金本.シーツについで……ええんかいな、と思っています。

 新井、阪神移籍に合意 4年契約、総額10億円  朝日(11月21日)

いい選手を見つけて、鍛え育てあげても、お金がないからチームに留め置く事が
できない。人気はあっても、金がない。弱小チームの
歯ぎしりが聞こえてきます。

  甲子園爆破予告 新井移籍気にくわぬ、カープファン逮捕 朝日 

まさか、本気で爆破するつもりはなかったでしょう。決して許されるものでは
ありませんが、気持ちはわかるような気が……。

 広島カープはオーナーがいない市民球団ですね。
資金は常に不足していますね。在籍中に活躍した選手が
そのシーズンのオフに年俸などの待遇で
契約交渉が纏まらず、結局他チームへ移る選手の事例が
後を絶ちません。

ネイサン・ミンチー(01年に千葉ロッテ)、アンディ・シーツ
(05年に阪神)、金本(現阪神)が代表例です。
 戦力外になった選手では、トム・デイビー(06年にオリックス)
グレッグ・ラロッカ(06年にヤクルトに移籍→現・オリックス)
などがいます。皆、いい選手ばかりです。


 93年、日本プロ野球会はFA制度を導入しました。
当時、広島.横浜.ダイエーは、一貫してFA権の行使は認めても、
行使後の残留(俗に言うFA残留のこと)は一切認めてきませんでした。
これは、FA権を行使した選手の年俸および契約金が、翌年以降の
活躍如何に拘わらず高騰してしまうリスクがあるからです。
資金力に乏しい弱小チームの経営を圧迫する危険性があるからです。

浅井樹(当時選手会長)や、金本知憲(現阪神)などの
ベテラン選手はFA残留を認めるように広島カープ球団と
再三交渉をしてきました。
が、結局は認めてもらえませんでした。
認めたくても認められなかったのです。

 選手にしてみれば高く評価してもらうのは当たり前。
スポーツ選手の寿命が短いことも考慮すれば、これまた納得。
本場のメジャーでベースボールがしてみたい。これまた、わかります。
人気チームで辞めれば解説者の道もあれば、その後の生活も有利です。

カープはFA制度やドラフト希望枠での選手の獲得の活用には
消極的であり否定的な態度をとらざるをえませんでした。
現在まで、他球団のFA宣言選手の獲得は行っていません。
2005年までは、所属選手のFA宣言をしての残留
(一般的には、再契約金が発生する)も認めていませんでした。
認めれば、とめどなく選手が流出し、彼らをとどめておく
資金もありません。

 そんな中、06年にFA権を取得したエースの
黒田博樹投手が「他球団の評価は是非聞いてみたい」
と主張し、FA権を行使しました。
弱小な投手力が低迷の要因のひとつである広島にとって
彼の流出は死活問題となります。
FA残留を認めざるを得ない状況になったのです。

 しかし黒田は会見で「市民球場で、カープの選手やカープファン相手に
投げる自分が想像できない。FA権を行使せずに残留しました。
だから、現在も広島にFA残留した選手はいません。

これに関しては2006年に資格を取得した黒田博樹に対して
球団として初めて宣言後の残留交渉を行うことにしました。
結果的にその年は黒田は宣言せず、複数年契約を結びます。
ただし、翌年以降にメジャー球団に移籍できるという
オプションをつけました。
その後、06年以降はFA宣言選手の残留も認め、
希望枠選手の獲得も行っようになりました。

 阪神もかつては、そうでした。
20年も優勝から遠ざかっており、万年Bクラス。応援しても
応援しても応援しても“ダメ虎”でした。つらかった〜!。
でも、応援し続けた結果、優勝に今年もからみました。
こんな幸せが来るとは思いもよらなかった。(‥涙)
あ、忘れてはならない。皆様のおかげなんです。

しかし、プロ野球でも格差社会。
なんか理不尽ですよね。今のところは庶民には
どうしようもない力のほうが、強いようです。
「悪代官」と「越後屋」は、現存しています。時代劇の中の話しでは
ないんですね。あの防衛省でも、あるんですからね。

せめてドラフトでは、前年度最終位のチームは6人ぐらいは
優先的に獲得できるとか、球場売上金はプロ野球全体で分け合うとか
考えなければならない時期が、来ているのかもしれません。

 中国新聞 天風録から

カープは球団経営のうえでは、黒字のようですが選手に払う年棒を
アップすれば、たちまち赤字に転落します。
広島東洋カープファンになりたいと、3年前から考えていました。
しかし、結局は阪神のことばかり。中毒症状は簡単には
治りそうにないですね。
来季はぜひ広島球状へおもむき、広島ファンとともに
プロ野球を楽しみ、応援したいものです。

                  敬具

ご感想はメールにてメールはここをクリック


   ☆次のページへ

   ☆前のページへ

   曇りガラスへ、もどる