患者争奪戦
施療戦国時代



 07年6月にUPしたものに、加筆します。
9月17日に商店街にもう1件、接骨院が新設されます。
これで杭瀬の商店街の周辺には接骨院が10件となりました。
さすがにわが店でも、お客様が少なくなってきました。
笑ってはいられません。(..;)

 08年からの“後期高齢者医療保険”の導入で
これが、どうなっていくのか、見まもっていきます。

以下は6月10日の文章です。

 5月初旬に商店街の中に接骨院が新設されました。
しかもなんと、向かい側には、以前からやっていた接骨院があったのに。

 「不動産屋も何も言わなかったんだろうか」
 「規制なんて、ないんだろうか」
 「あれじゃ、かわいそうに。客を取られてしまうな」
 「なんでもあり、今の世の中を象徴してるな」

 お客様の反応です。
確かに、施術所の近くに解説してはならない法律は
ありません。常識で考えてみればあきれるばかりです。
新設された接骨院は、いわゆるチェーン店です。
営利を目的とする業者はそんな地域のことなど考えていないのかも。

でも、はやっているようで歯ぎしりをしているのは
私だけではないようです。

 もう一つ。町医者で内科の看板を上げているクリニック。
はり灸マッサージ師を雇って物理療法をやっています。
朝夕2交代で数人が治療をしています。
 
 朝8時半には行列ができて、大盛況だとか。
せめて、視障者を雇ってくれたらいいのですが、すべて晴眼者だそうです。
視障者の仕事もこれでは、お手上げ状態になってきました。
時代の流れには逆らえないのでしょうか。

 お医者様は何をやってもいいんでしょうかね。
          (2007年6月10日)

 阪神杭瀬駅周辺は下町です。
以前にも書きましたが、この周辺には銭湯が8件あります。
まだまだ、文化住宅などの借家が多いところです。

 少子高齢化がすすむこの町は歩いてみればわかりますが
お年寄りが目立ちます。

杭瀬郵便局を中心に、半径200mには、
病院や治療因果集中しています。

 病院(整形外科、外科、物療科を含む)が6件
 接骨院(はり灸も併設)が10件
 あんまマッサージはり灸指圧店が7件あります。
  ざっと、こんなものでしょうか。

 (以下の地図は手書きしたものですが
音声では読み図来と思います。ご了承ください)
また、携帯でも地図がゆがんでいるかもしれません。

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     なみす通り↓│○    ↑北  
     ──────┼───      
         ■   │         
            ◎│←園田橋線    
              │         
              │■        
              │         
              ├────     
            ■│ ◎       
       ◎     │◎    ○  ○
           ──┤  │      
       ○   ◎ │  │      
    商店街    ■│  │■   ■ 
  ────────┼─ ┼──────
    ○ ■ ■  ■│  │杭瀬市場  
    ○       〒│  │      
        ────┤  │      
             ○│         
              │         
   ───────┼─■────   
      国道2号線 │  ○  ◎   
              │         
    阪神電車++++┏━━━┓+++ 
                |杭瀬駅|    
                ┗━━━┛    
                     
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ◎ 病院(整形外科.外科.物療科のあるもの)
  ■ 接骨院(はり灸を含む)
  ○ あんまマッサージ指圧はり灸




    ☆曇りガラスへ
    ☆トップページへ