雪の城崎温泉

カニずくし
 カニのシーズンです。城崎温泉へ行ってきました。
今年は寒い。城崎へ着くと雨。いや霙かな。
いやいや雪も降ってきた。せっかくですからホテルまで歩くことにしました。
帰りのお土産を見た後、食をとります。

カニドンブリ.お造り盛り合わせ.カレイの煮付け.ビール1本で
4400円。
いい値です。しかし、さすがに味はいい。
うまい!

雨.霙(みぞれ).雪はやみません。
城崎の町には誰にでも貸してくれる傘が、どこにでもある。
各店舗に用意されていました。ありがたい気配りです。

食べきれないほど
 温泉も最高です。カニずくしの夕食。
とても食べきれる量ではありません。
まさに、贅沢の極み。
ビール1本、飲むのに四苦八苦です。

これが一番おいしい
翌日は、銀世界
 朝、目覚めると8時。
いつもは、こんなに遅くまで寝ることはないのですが
旅先では熟睡できる、まことに不思議。
窓を開けると外は一面の銀世界。
昨日はまったく積もってなかったのに…。10〜15cmは積もっている。
それでも、近くの温泉寺へ行くことにしました。
(徒歩です、後で後悔)

雪国
ロープウエイで温泉寺へ。
一面の銀世界ですが展望はもやってダメです。
歩けば歩くほど足元にジワリと、湿気がしみてきます。
それでも、美しい光景には勝てず、かなりウロウロしました。

ロープウエイの入り口
温泉寺
白銀の世界  マリンワールド(水族館)や餘部鉄橋へも行って見たいと思っていましたが、
天候が悪くて日ごろの行いを反省しきり。
志賀直哉をはじめとして、文豪にも愛された土地。
城崎文芸館にも寄る時間もなかった。日本海の町並みなどを
次回はゆっくりと散策してみたい。

よりによって、私らが行った日に大雪。
うらめしや〜、冬の天候。温暖化現象、何よりも日ごろの
行いを反省すべきなのだろうか。                  (2008年3月9日)

ご感想はメールにてメールはここをクリック




   ☆ 前のページへ

   ☆ そぞろ歩きへ、もどる