敦賀が、近くなった



    日本海、敦賀が近くなった
山には雪が… 山には雪が…
 9時16分大阪駅初の新快速に乗りました。
大阪→敦賀 2210円
12両編成で通勤客でほぼ満員状態です。
ようやく座ることができてほっと。ところが京都駅で
後ろ8両を切り離します。ここからは4両となります。
次の山科駅から
湖西線へ入り、西大津、比叡山坂本、堅田、近江舞子までは快速、ここからは
敦賀まで各駅停車となります。

敦賀市悲願の新快速乗り入れ


 途中、近江今津駅からはドアは自動開閉から
手動式に変わり、ボタンを押して出入りします。
ここで12〜13分の時間調整。
客は慣れたものでホームでタバコをすっています。
この時間がなければ1時間50分たらずで到着するのに
JRの事情があるのでしょう。

 大阪を出るときは
 「今日は、ぬくいなー」
なんて言ってましたがさすがに近江今津駅からは空気が違います。
空もどんより曇っています。
 “弁当忘れても、傘忘れるな”
もちろん、私たちは傘はしっかりと持っていました。

 敦賀駅からコミュニティーバスを利用しようかなと思いましたが
時間が合わず、タクシーに乗りました(約1600円)。
 その前に、小腹がすいたので駅の売店で“焼きサバ”を購入。
1人前900円のお土産を二人で分けて食べました。
大阪でいう「バッテラ」を焼いたバージョン。うまかった。

日本海さかな街


 さかな街の奥にあるレストランで昼食です。

 お刺身 マグロ はまち 生うに    各1人前
 生牡蠣  2人前    野菜サラダ    1人前
 焼き海老 1人前    マグロのかま焼き 1人前
 寒ぶりの面焼き 1人前 焼き貝柱     1人前
 ビール 2本 日本酒 4本
を食べ、\10040円でした。

 刺し身は小さくて拍子抜けでしたが
そのほかは全て美味、絶品です。さすがに日本海の
冬の味覚は“たまりません”でした。
友達曰く
 「こりゃーたまらんな!」
寒サバの面焼き
 食後、市場を見て回り“アジの一夜干し”10枚 2000円
笹カレエ 5枚 1000円を土産に購入。

 腹ごなしをかねて“気比の松原”へ、
さらに“気比神宮”をお参りして敦賀駅まで。
歩数計を見ると、その日は25000歩でした。
気比神宮
 敦賀駅周辺の商店街はアーケードですが
ここも“シャッター通り”と化しています。
景気はよくなさそうです。

 敦賀周辺はけっこうにぎやかです。
家屋も都会と異なり、一軒々が大きくて立派です。
大阪から2時間足らずで来れる、いいスポットです。
         (2006年12月14日)
ご感想はメールにてメールはここをクリック
ぶらぶらそぞろ歩きのペ ージへ
私の店は井戸端会議上のページ へ